アトピー改善までの
道のり。
アトピーと向き合い歩んだ6000日
ファスティング

正しい断食-ファスティングのやり方と効果

Pocket

ファスティングカウンセラーです。
ファスティング(断食)の大切さ、必要に応じて行うことで体の内側から綺麗にすることを伝えていきます。
 
現代人は、肉や油、加工食品などの食事が増え、野菜の栄養価も下がりつつあるなか野菜の摂取量は減り、間食や夜中の食事など食べ過ぎている傾向があります。
 
そのため消化器官が常に働き疲れ、本来の活動ができず、様々な疾患を招いていると考えられます。
 
ファスティングは、固形物を食べないことで消化器官を休め、腸内をきれいにし、代謝酵素を活性化させることで、肌のターンオーバーや脂肪燃焼など、活性酸素の除去や免疫システムの正常化を促すことです。
 

ファスティングの効果

ファスティングを行うことで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

肌質改善

口から食べたものは腸で分解・吸収し、血液に流れていきます。
これまでお菓子や添加物、外食や脂っこいものばかり食べている人は特に、腸内で活性酸素などが発生し、毒素が血中を流れ肌質を悪化させていた可能性があります。

そのため、腸内がキレイになることで、流れる血液がキレイになり、血行促進され、美肌効果が期待できます。

脂肪燃焼

『ファスティングは食べないから痩せる』というのは確かにそうなのですが、ただ単に食べないから痩せるのではなく、『ファスティングは痩せやすい体にする』のです。

腸に消化をさせない状態を作ることで、体の中の滞在酵素はターンオーバーや脂肪燃焼など代謝活動をしてくれるようになります。

そのようなサイクルをファスティングで作れたら、回復食で暴飲暴食はせず、食生活を正すことで痩せやすい体作りができるようになるのです。

便秘改善

腸内環境が乱れていると、正常な働きができず、便秘の原因となってしまいます。
ファスティングで腸内環境をキレイにすることで、善玉菌が優勢の状態となり、便秘改善につながります。

酵素

ファスティングを行う前に、酵素について知っておく必要があります。
酵素は、食べものの消化分解、呼吸、運動などの働きの仲介役となり、全ての生物に存在し、生命維持にはかかせません。
 
例えば、家を建てるための木材があっても、大工さんがいないと家は建ちません。
さらに、大工さんは工具がないと材木で家を作れません。
 
この木材が我々の食べたものだとすると、大工さんが酵素、工具は補酵素と呼ばれるビタミンやミネラルにあたります。
酵素も補酵素なしでは働けないのです。
 
酵素には、食べ物を分解する消化酵素と、生命活動を行うために働く代謝酵素の2つの働きがあります。
この2つの酵素は滞在酵素と呼ばれ、体内で一生に作られる酵素量は決まっていることが分かっています。
また、遺伝子により一人一人酵素を作れる量が異なり、作る酵素量も限られています。
 
まず、私たちが食べたものは体内で消化酵素の働きにより分解されます。
その後、代謝酵素により腸で吸収された栄養をエネルギーに変換したり、脂肪燃焼や肌の代謝促進などが行われます。
さて、ここで朝、昼、晩御飯のほか、間食や夜食などで常に食べ続けていたら、限りある酵素はどうなるでしょうか。
もちろん、食べたものは分解しないといけないので、消化酵素が働きっぱなしとなります。
1日で作り出される酵素にも限りがありました。
つまり、消化酵素ばかり働いていると、代謝酵素が働く容量がなくなってしまうのです。
 
代謝がおこなわれないと血中に代謝されなかったものがたまり、血行が悪くなり、肌荒れを引き起こし、毒素分解や脂肪燃焼などもしっかり行われず、様々な体の不調を招く原因となってしまうのです。
消化酵素を極力抑え、代謝酵素を働かせる。
これがファスティングです。
 

ファスティングの正しい行い方

ファスティングは、酵素が代謝の働きに集中できることで、肌のターンオーバー促進、血行促進、など様々な循環がなされ、肩こりや冷え性、アトピー性皮膚炎の改善、花粉症の改善も認められた方もいます。
 

酵素ドリンク

ファスティングは水だけではなく、酵素ドリンクを飲みます。
酵素ドリンクは酵素が入っているわけではありません
酵素は熱に弱く、ドリンクにする工程での過熱で失活しているからです。
体内の酵素が働くよう、ビタミンやミネラルなどの補酵素が含まれています。
また、果物などの糖分も含まれているので無理なくファスティングが行えます。
 

水だけの断食ではない

時々、水だけで断食を行う方がいますが、それだけでは栄養がとれず、無理をすると体調を崩す恐れもあります。
頑張って水だけで断食をしても、体は急に栄養がなくなったことで
脂肪を蓄積しようとします。

一時痩せても、脂肪をためやすい体質にしてしまっては、また通常の生活に戻したときにリバウンドします。

準備期間

ファスティングには準備期間が必要です。
白砂糖、肉、食品添加物、白米、カフェイン、アルコールなどを避け、
『ことまごはやさしい』を取り入れます。

  • こ:穀類、玄米、雑穀米
  • と:唐辛子(香辛料)
  • ま:納豆・味噌・豆腐
  • ご:ゴマ
  • は:わかめ(海藻類)
  • や:野菜、果物
  • さ:魚
  • し:しいたけ(きのこ類)
  • い:芋類

などを取り入れます。
生野菜や生魚、果物などに酵素は多く含まれています。
とくに大根のすりおろしは、酵素が23倍になると言われ、酵素を多く含む食品の一つです。

味噌は発酵する過程で酵母菌により酵素が作り出されます。
熱に弱いので火を止めてから味噌を溶かすようにしましょう。

半日ファスティング

簡単に始められるファスティングです。
外食や飲み会が多い方などにおすすめです。
 
  • 朝:酵素ドリンク&水に置き換える
  • 昼:通常食
  • 夜:通常食

これだけです。
大きな効果は得られませんが、前日の夕食後から翌日の昼食まで消化活動を休めることができます。

1日間ファスティング

  • 1日目:『ことまごはやさしい』準備食で整えます
  • 2日目:酵素ドリンク&水
  • 3日目:朝は酵素ドリンク&水、昼夜は『ことまごはやさしい』回復食

3日間、体をいたわることでそれなりの効果が期待できます。
比較的始めやすいファスティングです。

3日間ファスティング

体の代謝が正常となり、体重の変化や肌の変化、集中力アップなど様々な効果が期待できるのが3日間ファスティングです。

  • 1日目:朝、酵素ドリンク&水、昼夜『ことまごはやさしい』準備食
  • 2日目:朝、酵素ドリンク&水、昼夜『ことまごはやさしい』準備食
  • 3〜5日間:朝、昼、夜ともに酵素ドリンク&水
  • 6日目:朝、酵素ドリンク&水、昼夜『ことまごはやさしい』回復食
  • 7日目:朝、酵素ドリンク&水、昼夜『ことまごはやさしい』回復食

回復食はファスティング期間と同じ期間とったほうがいいとも言われています。
約1週間、予定とうまく組み合わせて無理のない期間に行いましょう。

また、女性は生理が終わってからの1週間が副交感神経が有利になっているため精神も安定し、始めやすいようです。

回復期間

ファスティングは、回復期間が何よりも大切と言われています。
胃腸に負担をかけるような食生活や不規則な生活を行うと、ファスティングの効果は半減するとも言われています。
準備期間と同じく『ことまごはやさしい』を守りましょう。
回復期間は魚は控えた方がいいとの説もあるようです。
 

ファスティングを行わないほうがいい方

 
  • 持病を持っている方
  • 高齢の方
  • 体調不良の方
  • 中学生以下の方
  • 妊娠・授乳中の方
  • 極端に痩せている方
  • 摂食障害をお持ちの方
  • 脳卒中や心筋梗塞になったことがある方
 

好転反応

ファスティングを始めると、
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 眠気
  • 集中力の低下
  • だるさ
  • 肌荒れ

など、好転反応と呼ばれる体調不良があらわれることがあります。
これは、体の毒素が排出されることで一時できに起こるものであり、ファスティングが順調な証拠でもあるようです。

しかし、生活に支障が出るほど辛く、長引くような場合は中止してください。
無理は禁物です。

ファスティングとアトピー性皮膚炎の改善

ファスティングでアトピー性皮膚炎が改善すると言い切れるわけではありません。
遺伝的、先天的、全ての人が同じ理由でアトピー性皮膚炎を発症しているわけではないからです。
しかし、大人になってからアトピー性皮膚炎になった、生活習慣の乱れを自覚している、そんな方はファスティングを定期的に行うことで、徐々に改善されることが期待できます。
 
私たちが口から食べたものは腸で分解され吸収されます。
腸から吸収された成分は血液を通り、体の隅々にいきわたります。
 
肌を改善するために薬や保湿を頑張っていても、血行促進に良い食物を食べても、腸が毒素を吸収していたら血液にのり、肌へ影響を及ぼします。
例えば、消化に時間のかかる肉などをとりすぎると腸内に残る時間が長くなりますね。
体内の腸の温度に未消化のお肉がずっと残っていたら、腐り毒素をだします。
 
これも酵素による代謝ですが、これを腐敗と呼んでいます。
悪玉菌の大好物であり、活性酸素を発生させます。
そんな成分を腸は吸収し、全身をめぐるのです。
 
アトピー性皮膚炎は腸内環境の悪化により引き起こされていることもあります。
酸化した油、肉や魚の取りすぎ、野菜をあまり食べない、トランス脂肪酸、加工食品、小麦や乳製品など腸内環境を悪化させる原因は様々です。
アトピー性皮膚炎改善に大切な免疫力も低下してしまいます。
 
アトピー改善–腸内環境改善「食生活を改善したらアトピー性皮膚炎が治った」 そんな話をよく耳にするようになりました。 アトピー性皮膚炎は様々な原因が引き起こして...
 
それでは自分はどれが原因となっているのか?
油か?肉か?白砂糖か?
分からず【アトピー性皮膚炎改善難民】の方も多いと思います。
また、これまでの生活習慣をガラリとかえるのも人間ぶっちゃけ難しいものです。
いつも通りの日常生活を送る中で、生活習慣を正したいですよね。
 
だからこそ、時々ファスティングにより腸を休め、体にいいものだけをとりいれてあげてください。
 
私が実際3日間のファスティングを行った結果の肌変化は別記事にてまとめています。
Pocket